シャンハイ天ぷらそば

ある日のお昼

ダースまさし(父)が「そばが食いたい」などとのたまうものだから

「そば食いに行きたい」などと言うものだから

母ちゃんとまさしを乗せて3人で蕎麦屋へ行きました。

なんてアンビリーバボーな組み合わせでしょう。
この3人でメシ食いって!

まぁ、それはいいとして

いたたまれない気持ちをグッとこらえて僕は座席につく。

だいたい終始無言の僕。

まさしは上機嫌に一人でぺらぺらしゃべってる。

僕と母ちゃんはだいたいスルー。


メニューを見る。

じっと見る。

そしてまさしがポツリ言う。

「シャンハイ天ぷらそばってなんだ?」

『なにをまた訳の分らん事を言ってんだ』と思いつつ、その問いかけにも僕と母ちゃんは案の定スルー。

「俺あったかい天ぷら蕎麦にする。」
「じゃぁお母さんもそれにしようかな。」

まさしの言う事そっちのけの2人。

『シャンハイ蕎麦?なんだそれ?そんな蕎麦あるわきゃねぇだろ。』

と、口に出しては言えないツッコミを心でつぶやきながら、僕はまさしが見ていたメニューに目をやる。

メニューにはこうあった。



        野菜海老天ぷらそば    ¥−−
        野菜海老天ぷらうどん   ¥−−
        海老天ぷらそば      ¥−−
        海老天ぷらうどん     ¥−−
    コレ→ 上海老天ぷらそば     ¥−−
        上海老天ぷらうどん    ¥−−



シャンハイってっ!!たしかに読めなくねえけど、「老」をぬかすな!「老」をっ!!
イメージでメニューを見るんじゃないっ!

と、言えないツッコミをまたもや心で叫びながら、僕は目を細め遠くを見ていた。。

「シャンハイ天ぷら蕎麦」...

さぞや異国情緒溢れるオリエンタルな蕎麦なんだろうなぁ。


やはり恐るべし、ダースまさし。

彼の心の謎は永遠に解ける事はない...。

「農家の嫁」入荷!

nouka.jpg

久々にアッつい焼酎が入荷したよ〜ん。

芋焼酎ファンならご存知、あの「明るい農村」の妹分が産まれたんです!その名も...

『 炭火焼芋焼酎 農家の嫁 』 で〜〜す!!

思わず卒倒しそうなネーミングではございますが、この名の由来は

 『良き焼酎は、良き土から生まれる。
  良き土は、明るい農村にあり。
  明るい農村は、「農家の嫁」がつくる。』

という事から「農家の嫁」という酒名がついたらしいです!
 
 う〜〜ん、シビレル♪ まったくその通り。ウンウン

しかもネ、今回限りの季節限定!数量限定!ときた!!

こりゃ、芋焼酎好きなら飲まずにはいられませんよ。

「明るい農村」は、優等賞も受賞し、霧島町蒸留所さんの商品の中でも、今やダントツの人気を誇る焼酎だからね、その妹分として発売したんだから蔵元もそうとう気合が入ってます。


実は、この焼酎は当初、10月と12月の2回に分かれての発売の予定だったらしいんだけど。

ところがどっこい、製造量をはるかに上回る注文が殺到してしまい、当初12月発売分にとっておいた分も、全て10月発売に回すことになってしまったとゆう訳。

と、言う事で、今回一回限りの発売なんだな。

今回を逃すとまた来年まで待つことになるってーわけだ。

全国でも600ケースのみ!の超貴重な商品。

けっこうさらっと飲みやすいので女性の方にも美味しくいただけるんじゃないでしょうか?

これからの季節はなんと言っても「お湯割り」が僕のオススメだね!

ホッコリとした香ばしい焼き芋の香りに身も心もあったまるってもんですよ。

いや〜それにしても「農家の嫁」って。

誰かさんにも飲ませてやりたいもんですなぁ(笑)


最後にちょっと豆知識
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  炭火焼芋焼酎とはなんぞや?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

芋焼酎は一般的にはさつま芋を蒸して使いますが、この「農家の嫁」は、炭火でじっくりと焼き芋にしたさつま芋を原料にしています。「炭火で芋を焼く」という製法は、”業界初”

原料芋には鹿児島県産の黄金千貫を使用し、麹は黒麹。
酵母には鹿児島県2号、仕込み水には霧島連山天然水を使用し、徹底的に【地元鹿児島産】にこだわった焼酎。
驚くべきことに焼き芋に使用する炭も「種子島産の薩摩椎」を使用しています。
その上、明るい農村と同じように、かめ壷で仕込んだ、手間ひまのかかるとても貴重な逸品。
さつま芋を焼いた時の香ばしさと、さつま芋本来のコクのある甘み、これはお湯割りでもロックでも、どんな飲み方でも際立つ美味しさ。

ゼヒ一度ご賞味あれ♪

ターキーのカスク入荷!

tarky.jpg

久々に「酒」紹介のコーナーだど!

ついに待ちに待ったバーボンが入荷しやした〜〜! その名も...

『 ワイルド・ターキー・マスターディスティラー・セレクション14年 』

あのターキーがまたもや、やってくれちゃいましたよ!しかも日本限定販売!
以下はコメント抜粋

『 蒸留所責任者ジミー・ラッセルはある日1992年樽詰めのひと樽と運命的に出会います。
長期熟成を経て、なおスムースでパワフルなフィニッシュに魅せられ彼はバレル・プルーフ・バーボンとしての息吹をこの14年熟成樽に与えました。
蒸留所にある43万樽の内、わずかな原酒だけの特権です。

加水も他の熟成年数樽とのブレンドもしないバレルプルーフバーボンは、ジミーラッセルが先人達から受け継いだ『最高のバーボン』そのもの。

彼のバーボンつくりへの情熱は半世紀以上の時を経て今、ここに結実したのです。』

※バレルプルーフとは...ボトリング時に、アルコール度数や風味を調整するための加水が一切されない「樽出し原酒」のこと。


どうですか〜!?意味のわかる人もわからん人もなにやら凄そうだってのはわかるでしょ(笑)
バーボン好きからしたらねぇ、ターキーのシングルカスクなんて聞いただけでヨダレが出ちゃう代物なのよ♪

しかも、このボトルには実際に熟成に使ったアメリカンホワイトオーク樽の一片もオマケでついてきちゃうというマニア心のくすぐりっぷり!

このウルティメイトなバーボン、ぜ〜ひぜひバーボンをこよなく愛する貴方に味わっていただきたいものですねぇ。


小力でした

koriki1.jpg

アピタの屋上で「小力ショー」みちゃった。

30分ぐらい待って。

こないだは「いつもここから」みちゃった。

そのずっと前は「コージー冨田」みちゃった。

意外とお笑い好きなようだ。かなりか?


人がイヤだ!立ってて疲れる!アホか!こんなもん...ブーブー

しかし、小力登場でウフフとにやける。

俺っていったい...


Profile

image
JOE
シンガーソングマスターやってます

New Entries

Comment

Categories

Archives(211)

Link

Search

Free