久々マーキー♪

久しぶりに、東京は江古田のマーキーでライブかまして来やした♪

共演者はプロ・アーティストの古家学さんと、「ジョンレノン音楽祭」にて女性ボーカル賞を取って昨年デビューしたという南乃梨子さん。

若干25分ほどの短いオープニング・アクトとしてでしたが、オイラは5曲ほど歌って来ましたヨン。

1.KEEP ON RUNNING
2.SUMMER of 89
3.一粒の愛
4.この街
5.風に吹かれて(カヴァー)

しばらくぶりのマーキーだったんで、ちょいと緊張しちゃったけどね。
なんとかライブのほうは無事にこなせたと思うんだけど_(^^;)ゞどうだったかな?(笑)

実はマーキーさんからは、今までも何度も出演以来は頂いてたんだけど、そのたび都合が悪かったりで断ってたのよ。
それにぶっちゃけ、一人なもんだから、プロ料金でのノルマなんかも大変でね。

でも、条件はキツイけど、どうせやるならプロと同じステージでやった方がいいからさ。
それにプロと一緒にやらせてもらえるってのは、それなりにオイラの事を認めてもらえてるってことだと思うし。(誰でも出来るわけじゃないからね)
やっぱり、いろんな事が勉強になるから、これからも出来る限り定期的に続けて行きたいと思ってます。

その日はね、
お客さんで僕の専門学校時代の友達の「チカちゃん」が来てくれたんだ。
NHKで俺を見て「ライブを観たい」って言ってくれたお姉ちゃんと、DJとして活躍してるミュージシャンの旦那さんと3人で来てくれた。

久しぶりに会ったし、うれしかったよ。

その子は昔っから音楽にはうるさくてね。
下手な評論家より詳しいし、いろんな音楽を聴いてるから、ライブの後になんて言われるか、とっても不安だった。
「ジョーあにぃ(昔のあだ名)もまだまだだね」なんて言われちゃいそうで。ドキドキ。

でもね、終わってから会って、閉口一番「すごく良かった」って言ってくれて。
旦那さんからも「普段自分がやってる音楽と違って、ギター一本のシンプルなステージがすごく刺激になった」って言ってもらえて、いや〜とりあえずホッと一安心。
「声がきれいだし、通るね」って言ってくれたりして、オレ的に意外だったんで嬉しかったなぁ。

そして、その後に小さな声で「ねぇ、ジョーあにぃの後にやった女の人ってホントにプロなの?」なんて聞くもんだから、返答に困っちゃったよ(笑)
「そうだよ、一応メジャーじゃない?オノ・ヨーコに認められてどうのこうのって言ってたし」って言ったら
「え〜ホントに?アレで?全然ダメ〜。ふざけんなって感じ」なんて親指を下に向けてプンプン。(相変わらず手厳しい)
「ジョーあにぃの後だったから余計ダメだったね。ジョーあにぃ、もっとコッチでやればいいのに!」って。

すぐ後ろにはその人のプロデューサーが座ってたもんだから、聞こえないかとハラハラしちゃったよ(笑)

たしかに、ギターもあまり上手とは言えなかったし、声も出てなかったみたいだけど。
さっきまでプロデュサー達は「良くなった良くなった」って喜んでたんだよー。トホホ。

仮にも向こうは天下の「メジャー」ですから、僕からはなんとも言えません。ハイ。
実は僕も「それほどでもないな」なんて思ってたなんて、口が裂けても言えません。ハイ。

とっても勉強させていただきました。(笑)

きっと、この「厳しさ」がプロなんだろうね。
ちょいと上手けりゃ「すごいすごい」って言ってもらえるのが「アマチュア」
少しでも下手すると「ダメだありゃ」って言われるのが「プロ」

「プロ」の世界を覗いてみたい気もするが、僕の実力じゃまだまだだな。

例えればきっと、その差は「GT-S」と「GT-R」ぐらいあるんだろうな。
いくらGT-Sをチューン・ナップして、いじくってみても、ノーマルのGT-Rのオーラにはかなわない。みたいな。(解りづらいか!?(笑))

オレもいつかはGT-Rに乗りた〜い!みたいな(笑)

ま、
でも辛口(?)音楽「通」のチカちゃんに褒めてもらえた事を心の励みにして、オイラはオイラの「GT-R」が歌える様に精進いたします!

なつかしの「ジョーあにぃ」の呼び声も聞けたしね(笑)

それと、地元から遠いとこ聞きに来てくれたお二人、心から感謝してます。

ありがとうございました。

そして、岐阜からわざわざ帰ってきて駆けつけてくれたミーさん、ホントにありがとね。

皆がいてくれたおかげで、あたしゃ心強かったですよ〜。

美輪明宏音楽会

僕の人生の中で
「本物」の歌にふれた事が今までに何度あるだろう。
ましてやそれを「ナマ」で聴いた事となると何度あるだろうか?
そんな事を考えさせられるような「歌」に今夜出逢ってしまった。

     〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

行ってまいりましたヨ! 「美輪明宏音楽会〈愛〉」!
宇都宮文化会館大ホールにて!

昔から美輪さんはけっこう好きで、いつか生の歌を聴きたいと思っていたんだけど、ついに今夜念願叶いました!

例えば、「本物の歌って何?」って聞かれたらなんて答えます?

僕だったら、そうねぇ...やっぱりそこに「心」があるか、とか「愛」があるか。とかに行き着くと思うんだ。上手とか下手とか技術云々の話じゃなくてね。

...って、答えてたと思う!昨日までは!(笑)

今日からは違うわよ。アンタ!「本物の歌って何?」って聞かれたら、迷わず

「美輪明宏」の歌を聴いて来い!って言っちゃうモン(笑)

凄いよ!やっぱり、あの人は。

ある意味、人間じゃないね(笑)

シャンソンなんて今まで「生」で聴いた事もなかったけど、な〜んか良かったしさ!

歌に込める感情。身振り手振り。まるで舞台を観ているようだった。

やっぱり「生」は違うんだよねぇ。

むかし、ある人に、歌の勉強をするんだったら「シャンソン」を聴いた方がいいって言われたのを思い出してさ。なんかその人が言いたかった事が解ったような気がしたよ。

そして本編最後には、待ってました!の「愛の賛歌」!一番楽しみで聴きたかった歌なんで、猛烈に感動!

一般に知られている日本語歌謡曲の詞ではなく、原曲のフランス語で歌ってくれました。
「無償の愛」を歌っているこの歌、何度聴いても素晴らしい!

超一流の声。
超一流の歌。
会場中に伝わる感動のバイブレーション。

これはもうその場にいなくちゃわからない!魂を揺さぶられるような感覚ってゆうの?

確かにあの人には観音様がついてる!ウン。俺が認める!だって神々しいんだもん!(笑)

そして、アンコール。

最後の歌には、あの沖縄の名曲「花」を歌ってくれました。

一緒に行ったツレは、歌が始まったとたんに、涙だだ漏れ(笑)

後で「感動したの?」って聞いたら、たしかに感動もしたんだけど、それより歌が始まったら何故か涙が溢れ出して止まらなくなっちゃったんだって。意思とは関係なく涙がとめどなく溢れて、自分でも少しビックリしたような感じだったみたい。

きっと何か、浄化されたんだろうね。

以前、江原啓之さんが美輪さんのコンサートを観た時に、コンサートの最後で舞台や客席のそこら中から真っ白い霧のようなものが噴出して昇っていったんだって。
一瞬、舞台演出かと思ったくらいの光景で、江原さん自信も「あんな光景ははじめて見た」ってビックリしてたらしいよ。

それは、その場にいた数々の浮遊霊やお客さん達の先祖霊などが美輪さんの歌によって一斉に浄化されて天に昇って行った光景だったらしいんだけどね。

今夜の文化会館でも、沢山の人の「心」と「霊」が歌によって「浄化」されたことでしょう。

ブラボー!ブラボー!!スタンディングオベーション!!

なんて素晴らしい夜。観に行って本当に良かった!


涙こそ出なかったけど、ひねくれ者の僕の心も少しは「浄化」されてればいいな♪


※チケット取ってくれた斉藤姉妹さま、ホントありがとうね!感謝してます。










Profile

image
JOE
シンガーソングマスターやってます

New Entries

Comment

Categories

Archives(211)

Link

Search

Free